ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドミノ」

ドミノ (角川文庫) ドミノ (角川文庫)
恩田 陸 (2004/01)
角川書店

この商品の詳細を見る


著者はアタマいいよなあ、というのが実感。ものすごい数の登場人物のそれぞれの人物像と背景がちゃんと描かれているし、それぞれの接点、出来事のつじつまもあっているし、このリズム感。娯楽として本を読むというのは、こういうことだ、とその醍醐味を純粋に味わうことができます。笑いを誘う部分も、涙を誘う部分もちゃんと配分されているし。褒め言葉としての、「完全娯楽作品」。読書嫌い人にすすめてみたくなります。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。