ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「背いて故郷」

背いて故郷 (新潮文庫) 背いて故郷 (新潮文庫)
志水 辰夫 (2005/01)
新潮社

この商品の詳細を見る


ハードボイルド、っていってもいろいろなんだなあと。たいていはその主人公がかっこよすぎて、ファンになってしまうのだけれど、この作品ではそうならなかったなあ。何が違うのだろう。主人公の弱さや葛藤がきちんと描かれているからかなあ。きっと、男性諸君は主人公に共感できるのだろうけれど。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。