ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇の囁き」

闇の囁き (光文社文庫) / 柴田 都志子、ディーン・R・クーンツ 他

主人公である14歳の少年コリンは内気な本の虫。活発で聡明な人気者の友達がはじめて出来て、友情を育みはじめ、まるで青春小説のよう。何が待ち受けているのか、なんとなく想像できるけれど、それを自分で確かめたくて、どんどん読み進めることができます。でも、ドキドキハラハラは少なくて、さらっとあっさりしているのかも。設定は良いのに、もう少し、何か欲しかったような気も…。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。