ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊の守り人

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2) 精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)
上橋 菜穂子 (2007/03)
新潮社

この商品の詳細を見る


一冊目です。あと9冊もこのセカイに浸れるのかと思うと安心します。主人公バルサは30歳の女性。かっこいいです。セカイは全くのファンタジーであり、国もわからない(どこかアジアの雰囲気を感じます)。でも、バルサの内面が、30代女子目線からいうとなんだかとてもリアルで、共感できます(とはいえ、自分はあんなふうにカッコよくもないし、強くもないのですが…)。これ、児童文学なんですかね?年齢は大人だけれど、ココロは少女(少年)のような30代にはぴったりとはいえるかな。
いつものように、映像化するならどの女優さんにバルサ役をキャスティングするか、妄想していたら、すでに、アニメ化されているとか。びっくりしました。ぜひ、観たい。BSは観られないんですよ(泣)! HPにて、少しだけムービーを見ることができました。そして、作品中に出てくる食事についてページがあり、嬉しいかぎりです。登場する食事が、無国籍なんだけれど日本人好みのかんじで、食欲をそそる品々なんですよね。残り9作にどれだけ料理が出てくるかわからないけれど、レシピ本なんてどうでしょうか?韓国ドラマ「チャングムの誓い」のレシピ本も結構売れてましたよね!食べてみたい~
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。