ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暗いところで待ち合わせ」 ★★★★

暗いところで待ち合わせ プレミアム・エディション 暗いところで待ち合わせ プレミアム・エディション
田中麗奈.チェン・ボーリン.井川遥.宮地真緒 (2007/05/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


こんなに見ごたえのある作品であるとは、思っていなかった。サスペンスだし、泣けるし。田中麗奈ってやっぱりいい芝居をする女優ですね。意外にも井川遥も。ハマリ役だっただけかもしれないけれど、哀れで怖くて痛かった。チェン・ボーリンがやつれてヒゲが生えてきたら、なんだか佐藤浩一に似てきて、実は親子であるということなのか?と深読みしてしまってややこしかった。
原作は未読なのだけれど、脚本がとてもよかったのだと思う。犯人がわからずにはじまったし、全ての謎を解くシーンはちょっとびっくり。圧巻でした。
心に残るシーンは、やはり、彼がドアを押さえて彼女を外に連れ出すシーン。最後のこわーい井川遥。あの哀れさは、我が身に重なりイタかった…。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。