ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジャングル大帝」

ジャングル大帝 (Volume 1) ジャングル大帝 (Volume 1)
手塚 治虫 (1999/08)
小学館

この商品の詳細を見る


「アドルフに告ぐ」「海のトリトン」に続き、手塚作品を体験。こんなにすごいのだ!と感動。描いている世界が大きすぎて、ここに何を書いたらいいのかわからない。メインのストーリーの壮大さもさることながら、ちょこまかと駄洒落や皮肉がちりばめてあり、たまらん!キャラクターの表情などもたまらん!テヅカモデルノはたしかにキャラクターとして可愛いけれど、ストーリーに乗った表情にはかなわない。母の表情や子どもの表情がたまらなくいとおしい。絵でも泣かされ、ストーリーでも泣かされ…。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。