ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼイキン!税菌!税禁!税筋?

「ほとんどの人は、住民税が増えても所得税が減っているからトントンですから、落ち着いてください」って、「ほとんどの人」じゃない人にはどんなものがあるか、考えてみました。ていうか、トントンにするなら、みんなトントンにすべきじゃないのですか?不公平ですよね。

例えば、課税所得が200万円の人がどうなったか、単純にみてみると。

改正前
住民税5%(10万円)+所得税10%(20万円)=30万円
改正後
住民税10%(20万円)+所得税10%(20万円)=40万円
200万円-40万円=160万円が手元に残る。

どうですか?すごくないですか?10万円の増税ですね。
この解釈で正しいのかな?
でも、もしこの人の昨年の課税所得が195万円だったら

改正前
住民税5%(97,500円)+所得税10%(195,000円)=292,500円
改正後
住民税10%(195,000円)+所得税5%(97,500円)=292,500円
195万円-292,500円=1,657,500円が残る。

トントンの人になれたわけですね。しかも200万円だった場合よりも手元に残るお金が57,500円多くなります。不思議じゃないですか?50,000円少ないほうが50,000円多くなる。ふーむ。

ちなみにこのような不思議は次のランクの人には当てはまりません。改正前と後で330万円という軸は変更が無いからです。その次のランクになると改正前は700万円だった軸が695万円になりますので、700万円の人が695万円の人より手元に残るお金が少なくなるという不思議が発生して、あと5万円稼がなけりゃよかった~というふうになるのだと思います(計算面倒だからしないよ、3%増だから21万円増税かな)。

それにしても所得700万円の人の21万円と、所得200万円の人の10万円って、重みが違うと思いませんか?


ていうか、、今回の改正とは関係なく、いまさら気づくことには、税金のことをちゃんと知っていたら、たとえば「今年はこれ以上働くと税率が上のランクになっちゃうから、秋冬は稼がないようにしよう」なんてするものなのかな?みんなは知っていてそうやっているのかしら?税金のことって難しいけど面白いかも!?控除のこととかも複雑そうだしねえ。

年金受給者の方がものすごい増税になっているみたいだったので、明日もまたお勉強を続けようと思います、どういうことになっているのか、世の中の仕組みをちゃんと知らなくちゃね。もし、私の解釈に間違いがあるようでしたら、どなたか教えてくださいね。

あれ、昨年は働いていたけれど、今年は収入が無い場合の人もトントンにはならないよなあ。そういう場合はどうなるのかなあ?


スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。