ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リトル・ミス・サンシャイン」 ★★★★★

リトル・ミス・サンシャイン リトル・ミス・サンシャイン
アビゲイル・ブレスリン (2007/06/02)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


有給取って観にいこうと思っていたのに出来なかった、待望の作品が早くもDVDに!期待以上の満足度で★5つです。

繰上げで1位になったオリーブちゃんが、少女のミスコン「リトル・ミス・サンシャイン」の地区大会に進むことに。このオリーブちゃんは、素直でそれこそ太陽のように純粋。だけどおなかぽっこりで度のきつーいメガネをかけて、かわいいんだけれどミスコンに出場するようなかわいいではない。愛嬌があるのだ。崩壊寸前(いや崩壊してるか?)の家族みんなで大会会場までおんぼろバンででかけることに。パパは勝つことこそ第一と唱える戦略マネジメント講師(?)、兄はニーチェに傾倒して、志望する航空学校に入るまではクチをきかない。必要なときは筆談するだけ。ヘロインで老人ホームを追い出された不良グランパ。ママの兄であるプルースト学者でホモで自殺未遂したおじさん。それぞれのキャラも演技も素晴らしい。そして、なによりも脚本がいい。バンが壊れて、全員で押しがけしないと発進できなくなる。パパの出版予定が無くなり破産。兄の色弱が発覚しパイロットへの道が閉ざされる。グランパが…。

家族愛を描いた感動作ではないし、メルヘンタッチの子ども映画でもない。たくさん笑わせられたし、泣かされたし。気持ちよいラストだったし。大会で優勝する以上の喜びを得られて、ある意味では<勝ち馬>になったんだと思う。アイスクリームを我慢して得られるものより、アイスクリームを食べて幸せになるほうがいいよね、オリーブちゃん。あなたは、あの家族の「リトル・ミス・サンシャイン」だったよ。

グランパのらしくもない最後の言葉が良かったな。「負け犬というのは、敗者のことじゃなくて、怖気づいて勝負しないで逃げる者のことをいうのだよ」とかなんとか…。


スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

  トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はじめまして

はじめまして、こんにちは。私のブログは始めたばかりですが、記事に紹介させて頂きました。

スイーツが好き 2007年06月13日(Wed) 13:33


はじめまして

はじめまして、こんにちは。私のブログは始めたばかりですが、記事に紹介させて頂きました。

スイーツ大好き 2007年06月13日(Wed) 13:47


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。