ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チルドレン」 ★★★

チルドレン チルドレン
坂口憲二 (2007/02/02)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


伊坂幸太郎原作。といえば、「陽気なギャング~」でがっかりした経験があるので、期待せずに拝見。と、こちらはとっても良かった!監督の違いが明暗を分けたのか、原作自体の出来に差があるのか。うーんどっちなのだろう…。坂口憲二が苦手なのだけれど、そんな人でもきっと大丈夫。なぜならば、主役の彼よりも、陣内役の大森南朋に惹かれてしまうに違いないから。ああ、坂口さん、ごめんなさい…。でも、思っていたよりも、いい演技だったデス。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。