ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スパイダーマン2」 ★★★

スパイダーマン2プラス1 エクステンデッド・エディション (初回限定生産) スパイダーマン2プラス1 エクステンデッド・エディション (初回限定生産)
トビー・マグワイア (2007/03/28)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


とうとう観ました、「2」。3→1→2という順番で観たので、埋められなかったパズルにピースが埋まったというかんじというか、へえ!すっきり!感がありました。MJが新聞社の社長の息子と結婚するんだったとは、まったく驚きました。それに、ピーターがスパイダーマンをやめる決意をして、スーツをぽいとゴミ箱に捨てるなんて!それを拾った人が新聞社に売りに行くなんて!「うへえー!そんなんありなんですかあ!」ということがたくさんあって、とっても楽しかったです。ピーターが大人になっていく過程を見られたというかんじで、ストーリーも気に入りました。1~3に共通するのだけれど、敵となる悪役が真の悪者ではなく、それぞれの理由によって避けることができずに<悪>であるところが、なんともなんとも…。
一般市民の視点から見まして、彼が戦うのはどうしても高所になってしまうわけで、そうすると崩れた壁の破片やら、窓ガラスやら、いろいろ降ってくるわけで、あの街の人々はホントに、危険だよなあといつも思うんだけど、私だけかしら?
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。