ワスレルカラカク

どんどん忘れてしまう日々のあれこれを綴ってみようというあやふやな試みです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「太陽」 ★★★

太陽 太陽
イッセー尾形 (2007/03/23)
クロックワークス

この商品の詳細を見る


昭和天皇の人柄などは全く知らないし、あの人が「ヘンノウヘイカ」なのだよと、それだけの事しか知らず育ってきたわけだ、私は。いまさらながらに気づくのは、彼の生涯は他の天皇たちとは大きく異なり、彼は大人になるまでは「神格」を持ち、持たされ、終戦後は人間として生きたということだ。その両方を経験した天皇は他にいないということに、はじめて気づいた。天皇というのは、祖先が現人神だったみたいだけれど、それは昔々のお話だと思っていたら、その区切れ目は昭和天皇の生涯の中にあったのだ。言われて見れはそのとおりなのだが、びっくりした。それを、ロシア人が作った映画で知らされるとは、全く私は…。彼が何を思い、考えていたのか、知りたいと思うのは当然のことだ。彼が自伝を残していてくれたならと、思わずにはいられない。彼の妻にしてもそうだ。ある日までは夫が神とされ、ある日から夫は人間になる。そしてその苦悩を一番近くで見ていたとしたら、彼女の話もぜひ聞いてみたい。

もっとその先を見たい映画だった。そして、桃井かおりって、すんごい女優なんだと思い知った。


スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。